kinoko2002

いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■ELF Epic KE31789(1972年) ※CD EPIC/SONY ESCA5532

ロニー・ジェイムス・ディオ追悼ということで、サバスやレインボーと違って訃報記者には絶対名前が出て来ないエルフを語る。
50年代から様々なバンドで活動していたディオが1970年に結成したエルフは、既に多少のハードロック色はあるものの
後のメタルを感じさせるものは全くなく、どちらかというとレイドバックしたルーズなスワンプロック/サザンロックといった雰囲気。
同時代のイギリスでいえばフェイシズやハンブル・パイみたいな。
いかにもアメリカ人らしいバンドだけど、ディープ・パープルのメンバーによるプロデュースのせいかアメリカのバンドなのに「アメリカに憧れてるイギリス人のバンド」みたいな質感に仕上がってる(ような気がするだけか)。
ツアーの前座(?)として共演してからディープ・パープルに気に入られ
それが後のレインボーに繋がるわけです。
余談だけどCDの解説でBURRN!の酒井氏が「ジャケットでプロレスラーのようなメイクをした男がディオである」と書いてるけど
あの世代の人達にはあれが西洋ではエルフとして知られる妖怪(妖精)の扮装だとはピンと来なかったのだろうな。
日本でエルフという妖精が知られるようになったのはファンタジーRPGが流行った80年代後半以降で
しかもそれは日本流に美化アレンジされた本家とは似ても似つかない「エルフ」像だった。
もっと昔に水木しげるが描いたエルフはいかにも(妖精というより)「妖怪」然としたビジュアルで本来のイメージに近い。
日本でエルフといえば中型トラックの車種名でもあるけど
エルフ(バンドの)の音楽性はアメリカでは長距離トラックの運転手にウケそうなタイプかも。
個人的な趣味としては解説に書いてあるディオが50年代から渡り歩いてきた数々のバンドのほうに興味があるんだけど
(58年に初シングルを発表したベガーズキングス、7枚のシングルと63年に1枚アルバムを出し6年以上続いたロニー・ディオ&ザ・プロフェッツ、レコード会社を転々としながらシングルを発表したエレクトリック・エルヴズ等々、ってこれだけありゃそれぞれ単独で何かあってもおかしくない)
全キャリアを総括したボックスセットとかあるのかな?









☆☆期間限定☆☆
iPhoneが0円♪♪


最大16ヶ月割引
さらに最大5万円


大人気iPhoneモニター
毎月最大1000円引き!!


NTTフレッツ光キャンペーン
最高7万円プレゼント

スポンサーサイト
  1. 2010/05/20(木) 20:34:47|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初音ミク関係いろいろ(ヤバかったら削除する) | ホーム | 【胸熱速報】ミクが1位でν速連敗記録更新中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinokocake.blog27.fc2.com/tb.php/8-4d441fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。