kinoko2002

いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チェ・ゲバラは冷血な殺人鬼であり、凶悪なテロリストであった。

ゲバラ批判の古典的名作として永久に読み継がれるべき素晴らしい記事を発見した。
素晴らしすぎて思わず全文引用したくなるが、本当に全文一字一句全て重要な内容だ。
いまだにこのゲバラという単なる連続殺人鬼にして残虐な大量殺人犯を革命の英雄と美化するクソバカ反米ブサヨが多過ぎてヤバい。
韓国ヘイト本やロリコンキモヲタ系エロ漫画を規制し、そういうものを並べる書店を晒して叩くことは、正しい。
同じようにゲバラ美化本もあらゆる書店や図書館から撤去するべきだ。
マトモな国ならヒトラーを礼賛する本など出版できないはずだが、
ヒトラーに匹敵するレベルの暴君であるゲバラを礼賛することが禁止されてないのはおかしい。


チェ・ゲバラ 情報化時代の無知と無恥
http://conservative.jugem.jp/?eid=401


>収容所の長となり、156~550名もの政治犯の処刑を指示した。 
>処刑を指示するだけでは足らず、この男はそれを自ら見物していた。 
>政治犯というのは共産革命に同調しない人間のことであるが、単純にゲバラが嫌いだった人間も含まれる。 
>この収容所には2000人もの人々が収監され、ゲバラの命令によって約600名が銃殺された。


>買い物客でごった返す場所に合計500キロものダイナマイトを仕掛け、感謝祭の買い物客が大勢集まる日を狙って同時多発爆発を起こす、という計画であった。 
>捜査官によって実際に手りゅう弾や爆破装置が発見され、この計画は未然に防がれた。 
>もしもこの計画が成功していたならば、9.11など霞むほどの死者(女性、子供が主)が出ていたであろうことは間違いない。  
>このテロ計画を遂行したのは他でもなくフィデル・カストロとチェ・ゲバラであった。


>キューバはもともと豊かな国であった。 
>だがカストロが共産主義を持ち込んだ後はガラクタの国となり下がった。 
>チェ・ゲバラが助けたカストロ政権によって、6百万以上のキューバ人が財産を奪われ、全人口の20%もの人々がフロリダに向けてサメがうよつく海をボートで漕ぎ渡ることを余儀なくされた(多くが波にさらわれてサメの餌になった)。


>スターリン、ヒトラー、毛沢東、金日成、金正日、キムジョンウン、ビン・ラディンの肖像をTシャツにプリントする者があろうか。 
>テルアビブ空港乱射事件を起こした日本赤軍や、あさま山荘事件を起こした連合赤軍の面々の顔をTシャツにプリントする者があろうか。 
>オウム真理教の麻原彰晃や上祐や村井の顔をTシャツにプリントする者があろうか。


>チェ・ゲバラは共産主義者であり、冷血な殺人鬼であり、凶悪なテロリストであった。




声に出して百万回ずつ読むべき。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/23(火) 20:39:56|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<反米ブサヨがこれを擁護していることは何度でも繰り返し強調されるべき @hokusyu82 @yujirotsu @AcmCollective @hotori @rom_emon @amamako @hibari_to_sora @masakichitose @eggpson @mojimoji_x @unorthodox_TW @yutapon1984 @Lin_Jing_F @yomimonoya92 @noharra @simin43320 @55redhat @takammmmm @komatsu_junya @qua_gma @minadukiG @royhoshino @hurati @hariotoko @novicemage @ishikawakz @dugongsan @noiehoie @ryota1981 @deviltruck2010 @haieki | ホーム | 日本に喩えると、在特会の悪辣さを強調するのはいいが、そのために実在する在日朝鮮人の人の本物の画像で本人に無断でエグいコラを作ったりしたら、それはやられた本人にしてみればウヨから嫌がらせされたのと何ら変わらないわけだが、>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinokocake.blog27.fc2.com/tb.php/2779-2c14b8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。