kinoko2002

いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それどころか日本では、極右によるテロのターゲットにされるであろう左派までもが「テロは正義であり、“言論の自由”によってテロリストを怒らせるマスゴミのほうが悪い」と大合唱した

http://twtr.jp/DWMK_fujita/status/556348027997151233

日本でこれから極右によるテロが起きて、左派メディアや在日外国人が虐殺されたとしても、
日本のサヨクはいっさいテロを批判せず、「言論の自由」を守ろうともせず、
むしろ極右のほうを擁護するであろうことがハッキリした。

そもそもヘサヨは前々から、在特会のヘイトスピーチに体を張って抗議するカウンター界隈を「暴力的だ」「同化主義だ」と攻撃してきたし
(そのカウンター界隈までもが今回は宿敵だったはずのヘサヨと同化してテロ擁護をしていた)
ヘイトスピーチ規制法にも「言論の自由が侵害される!」とか言って猛反対してた。
それが海外の話となると一転してテロという「暴力」を擁護し、欧米メディアの「言論の自由」を否定されるべきものと主張した。
逆に言うと日本のサヨクは最初から在日朝鮮人に対する差別など「それほど問題ではない」と思ってたからあんなに冷たかったのだろう。
むしろ「朝鮮人に対するヘイトスピーチも言論の自由」くらいに思っているのだろう。
日本には極右しかいないし、自称サヨクもレイシストだったということだ。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/14(水) 23:46:13|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本のサヨクは、自分たちがあれだけ叩いてた小林よしのりと完全に一致した主張ばかりしている | ホーム | 「アメリカが嫌いだからと言って、テロまで擁護するとはね」←勇気あるテロ批判。 テロ擁護一色の日本語Twitter界が異常なのだが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinokocake.blog27.fc2.com/tb.php/2197-ac26f844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。