kinoko2002

いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウヨでもサヨでもない、「ところで、登れるのかよ?」というきわめて現実的な議論

89式装甲戦闘車が登れるのは道のある御嶽山七合目まで予備の予備
http://togetter.com/li/725190


ヘサヨ原理主義者は災害救助に自衛隊を派遣すること自体に反対し「軍靴の音ガー」と騒ぐからクソなんであって、
あいつら去年フィリピンの台風に自衛隊派遣したときも「軍隊というのはこういうところから侵略をはじめるのだ」とかギャーギャー騒いでやがったが
今現在自衛隊がフィリピンを占領してる事実なんてあるのか?
それより何よりフィリピンの被災者の命よりも自分たちの反自衛隊イデオロギーのほうが大事だという自称平和主義者ヘサヨの本音に偽善者サヨクの心の闇を見た。
つまりこれも根底に「人権」最優先の意識があるかないかの問題なのだ。

反対にウヨの側から「国防という神聖な任務を承るためにある自衛隊に災害救助なんていう下賤な仕事なんかさせるな」という批判があってもよさそうなんだが意外とない。
つまりウヨの本質も「サヨへの逆貼り」でしかないというkinoko学説の正しさがまた証明された。

だが問題はそんな机上の空論にすぎないイデオロギープロレスなんかじゃなく
「さて、現場に行ったはいいが、どこまで登れるんだ?」という現実的な問題なわけで
そういう現実的な視点で批評できたのがどちらかというとサヨク寄りの臭ちゃ…もとい修ちゃんと甲山先生であり
行けると言い張ってるのが普段は「ウヨやサヨと違って現実的な」はずのミリオタ代表のオブィェクトだという事実がまた皮肉っぽい。
オブィェクトはISIS擁護学者に対する批判では鋭い正論を言うものの
本業(?)であるミリオタ関連ではミリオタ仲間からもバカ扱いされてたりするんだよな。
かわいそうに。

なんかまとめ作成から一週間経った今になって俄かに必死で強弁するネトウヨが湧いてきたらしく再び浮上してきた。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/05(日) 21:35:16|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エマ・ワトソンのまとめでは、うまむらが正しい。常夏将軍となおすけのまとめでは、赤木がクソ。フェミにとってはどちらも同じ「ミソジニー」なのだろうが、明確に違う | ホーム | 10年前の町山氏がデロリアンに乗って2014年の町山氏の顔面にパイ投げ ←映画化決定。全米が泣いた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinokocake.blog27.fc2.com/tb.php/1548-5bb80ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。