kinoko2002

いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

kinokocake氏、満を持して語る「なぜ俺様はキモヲタロリエロ漫画全否定派に転向したにもかかわらずキモヲタロリエロ漫画の権化と見做されてるToLOVEるダークネスだけは特別に許すのか」

キモヲタロリエロ漫画は全否定であり、児童ポルノ規制が厳しくなって発禁とかにされたとしてもそれは仕方ない。
俺様が最近、今更のように急激に傾倒してるToLOVEるダークネスも殆ど女のパンツが売り物としか思えないバカエロ漫画なので規制されたとしても諦めるしかない。
そして多くのキモヲタ向けロリエロ漫画には嫌悪感しかない。
だが数あるキモヲタロリエロ漫画の中でも特にズバ抜けてキモヲタロリエロ要素が過剰で
しかもエロ漫画専門誌ではなく子供でも入手できる一般誌に掲載されてるToLOVEるダークネスは
単純にエロ要素の多寡だけを問題にするならば最も許し難く真っ先に規制対象とすべき漫画であるはずだが
にもかかわらず個人的には全く嫌悪感がなく許せるというかむしろ好感がもてるのはなぜなのか?
単に好みの問題といってしまえばそれまでだが
要はこの作品の世界の中では基本的に女が圧倒的に強く男が弱いというのがあるっぽい。
そういう意味では赤松健の漫画もラブひなの途中までは好感がもてたものだが
ネギまになると男尊女卑丸出しになって許さない。
でも今のUQホルダーはジェンダー的にはどうでもいいけどカースト的には正しい思想なので今んとこOK。
話をToLOVEるに戻すと作者の矢吹は以前は中途半端にハードボイルドにカブレたブラックキャットというのを描いてたわけだが
ハードボイルドの重要な思想である「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きる資格がない。」の特に後半に特化したのがToLOVEるだったというか
ToLOVEるをいちど「ハードボイルド系」として捉え直してみるといろいろ発見がありそうな気がする。
ハードボイルドと萌え豚専用キモヲタロリエロ漫画は一見正反対のようで厨2病御用達という意味では完全一致。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/23(火) 23:27:30|
  2. Twitter、2ちゃんねる、インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はるはらのイジメ体質も、ジャスミンの粘着体質も、異常 | ホーム | 昼間の俺様「キリッ」夜の俺様「ビールうめえwwwwwwwwww刺身うめえwwwwwwwwwwホタテの貝ヒモうめえwwwwwwwwwwアヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャwwwwwおしっこじょーwwwwwゲロぶっぴーwwwww」←なぜなのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinokocake.blog27.fc2.com/tb.php/1506-5dd58051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。