kinoko2002

いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大森靖子とマリアンヌ東雲(キノコホテル)の対談を発掘。マリアンヌはわりと許せるが大森は許さん



【CINRA.NET】 「女性のエロスを探れ! マリアンヌ東雲(キノコホテル)×大森靖子」
http://www.cinra.net/interview/201405-marianneoomori


大盛りうん子シリーズ
http://kinokocake.blog27.fc2.com/?mode=m&no=1495
http://kinokocake.blog27.fc2.com/?m&no=1496
http://kinokocake.blog27.fc2.com/?m&no=1501


同じようなこと(か?)を言ってても大森だと許せなくてマリアンヌならわりと許せるのはなぜなのか?
結局はやってる音楽が自分の好みに合うかどうかで評価が変わるのか?

キノコホテルの曲はめちゃくちゃカッコイイです。
ただマリアンヌのババア声(たぶん昭和歌謡を意識してわざとババアっぽい声を出して歌ってる)や女王様キャラが好き嫌いを大きく分けるであろう
かなり聞く人を選ぶタイプのバンドだ。
そういう意味ではたぶん大森みたいな音楽もやってるのが大森じゃなければ俺も好きになってたかもしれない(相対性理論やアーバンギャルドのように)

あとマリアンヌの話はわりと実話っぽくて大森の話はウケ狙って盛ってる気がするのもある。





話は変わるがせっかくの機会なのでキノコホテルの音楽性も語るか。

記事についてる解説では「パンク / ニューウェイヴ、60'sロックンロール、プログレッシヴロック、ラテンロックなど、様々なサウンドを昇華した濃厚な音楽性」とあるけど
ある年代以上の日本人がキノコホテルを聞いたら真っ先に「似てる」と思うであろうジャンルが抜けてるのが象徴的だな(笑)
そうです、それがグループサウンズ(笑)です。

グループサウンズ(笑)というこの響きからしてダサそうなジャンルとは何なのか。
1967年から68年の1年ちょいしかブームがもたなかったグループサウンズだがその後の日本の音楽に多大な影響をもたらしたわけだが流行り過ぎた反動で「ダセエwwwww」とバカにされてきた。
時代が一回りして90年代の一時期に和製ガレージパンクの古典として再評価されCDで復刻されたりしたけど(俺はこの世代)
それからさらにまた時代が一回りしてその90年代自体がダサくなったため再び忘れ去られた。
かなりオッサンである90年代っ子の俺らの世代ですらまだ生まれてなかったほど昔のジャンルなので現代の若者が知らなくても仕方ない。
ただ言えることは、あらゆるジャンル、たとえどんなマイナーなジャンルであろうと必ず「ネオ○○」とかいって復活させようとする動きが起こるように
グループサウンズも何度かネオGSと名乗るバンドがポコポコ生まれたりしてきたのだが
それらのなかでもキノコホテルほどその真髄に近づいたものはかつてなく
なおかつ、たいてい「ネオ○○」が陥りがちなように一部のマニアにしか受けない状態になりがちなのに反して
あまりマニアックにならずマニアじゃない層に希求しそうなのが素晴らしい。
逆にマニアはもしかするとマリアンヌのお色気女王様キャラにドン引きして敬遠しそうな気がするが
そういう要素が無ければマニアの蛸壺に引きこもるだけだったかもしれない。
そんなわけで「グループサウンズ」というワードをあえて出さないのは正しい。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/23(火) 14:14:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<IS擁護学者がついに一線超え 社畜解放軍をテロ組織にリクルート未遂 | ホーム | ろくでなし子が大盛りうん子を擁護してフェミ叩き。「子」が取れてただの「ろくでなし」に>>

コメント

きのこ帝国はどうでした?
  1. 2014/09/23(火) 14:43:12 |
  2. URL |
  3. 鮫島 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinokocake.blog27.fc2.com/tb.php/1502-c19be486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。