kinoko2002

いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「死刑廃止論者」など存在しない。いずれにせよ死刑制度は必ず廃止されるから。

「あなたは死刑廃止論者ですか?」←これほど馬鹿馬鹿しい質問もない。
「死刑廃止論者」などというカテゴリーが存在すると思い込み、誰かをそこに無理矢理押し込めて「死刑廃止論という、一般社会では受け入れられない特殊で異常で過激な思想の持ち主」というラベルを貼って排除しようという発想がなければ、そんな言葉は出てこない。
私(kinoko)は死刑廃止論者などではない。
そして、日本はただちに死刑という野蛮な制度を廃止するべきだ。
私が、私個人の意見として「日本は死刑を廃止するべきだと思う」のではない。
私個人が死刑制度に賛成だろうが反対だろうが、そんなこととは全く無関係に、廃止すべき悪法はただちに廃止するべきなのだ。
バカが好んで口にするセリフに「“死刑廃止論者”は、自分の家族や身内が殺されても犯人を死刑にするなと言うのか」というものがある。
くだらなすぎるのでいっさい相手にする必要はない。
これは想像だが、それまで「死刑制度反対」と主張していた人が愛する家族を殺害され、「だが、アイツ(犯人)だけは死刑にしてほしい!」と言い出す事態も発生しないとはいえない。
その場合、「アイツを死刑にしてほしい」というのはその人の「個人的な意見」にすぎない。
「死刑を廃止するべき」のほうは誰かの個人的な意見なんかじゃない。
「絶対的な真実」だ。
ていうか、理論としては死刑廃止、感情としては「だがアイツだけは許さん!」その程度の矛盾くらい「人間らしさ」の範疇として許容してやれよ。
最近も、死刑廃止国イギリスから来た被害者遺族が犯人の極刑を望んだら「死刑に反対のくせに犯人が日本人の場合は死刑賛成だなんて人種差別だ!」とか言ってる奴がいたけど
もしかするとそれもちょっとはないとは言わないけれども
やっぱり家族が犠牲になったとなれば理念よりも感情論が先に立つのが人情というものだろう。
そのくらい察してやれ。
かように、世界が死刑廃止に向かっているとき、「死刑廃止論」なんてのは論ですらないわけ。
死刑は廃止されるのが当たり前なんだから。
特殊な思想なのは、世界の趨勢に逆行しても死刑は存続するべきという立場のほうだ。
なにも「みんながそうだから、みんなと同じで」という日本人じみた同調圧力が正義なわけじゃない。
その人なりの強い信念があるならば、流れに逆らう思想を持ってもそれは自由だ。
信念があるならば、だが。
日本はもはや世界でも少数派となってしまった死刑存続野蛮国のひとつだ。
いまだに死刑賛成が多数派を占める非文明国家において
死刑存続を主張することに特別な信念は必要とされない。
「死刑は廃止するべき」という当然の考え方を、「死刑廃止論者」という特殊なカテゴリーに押し込めて特別扱いして虐めていればそれで済む。
これは、死刑の代わりに他のものを入れても当てはまる。
ほんの一例だが、世界の趨勢は捕鯨禁止、児童ポルノ禁止の方向に向かっている。
この情勢を正しく把握してるなら、「○○論者」「○○主義者」という特別なラベルを貼られてでも信念をもって自分の立場を明確にすべきなのはその趨勢にあえて逆らおうとする「捕鯨賛成派」「児ポ擁護論者」「死刑存続主義者」のほうなのだ。
どちらの主張が正しいかの問題ではない。
どちらの現状認識が正しいかだ。
新しい価値観や世の中の多数派が必ずしも正しいとはかぎらない。
時代遅れの少数派でありながら、世間の流行に惑わされず自分の信じた道を貫き通すならある意味立派かもしれない。
見ていてイライラするのは、自分たちが時代遅れの少数派かもしれないという自覚が全くなく、客観的に見れば負けているのに、本人達は勝ったつもりでドヤ顔してる、そんな奴らだ。
上から目線で「特殊なカテゴリー」のレッテルを貼り、「さぁ議論をしましょう、あなたの意見を聞きましょう」とふっかけてきて
どうせ聞き飽きたアクビが出そうなオリジナリティ皆無の屁理屈をニヤニヤ笑いながら並べてくるのはわかりきってるが
そんなもんとっくに既出であり、死刑廃止なら死刑廃止の議論は
世界中で長い年月に渡って大勢の人々の間でやり尽くされ、
おまえらみたいな素人がテキトーに思いついた反論など過去にさんざん論破されまくっているのだということが、なぜわからない?
世界の趨勢に逆らおうとする信念があるなら、その膨大な議論の蓄積に勝る新しい理論を生み出すために血の滲むような修行と人生の全てをかけた努力をし命がけで試行錯誤の勉強を続けなければならないはずなのに
何の苦労もなくヘラヘラ笑いながらテキトーな思いつきと2ちゃんねるのコピペで簡単に論破できると思ってるその甘えた根性が気に入らんのだ。


さてここからタイトルとはちょっと離れたテーマになりますが
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/07/26(火) 00:12:46|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。