kinoko2002

いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大人のロック!編 ザ・ビートルズ 人物大事典

本編の大事典の部分は後でじっくり読むとして今回は最後のほうにオマケみたいに載ってるベラキスという新しいバンドについて言及したい。
まぁこのバンドは聴いたことないしたいして興味もないんだけども。
なんでこのバンドが載ってるかはメンバーにリンゴ・スターの孫娘がいるからっぽい。
ついでにシャドウズ(ある意味ビートルズより偉大なのに無視されっぱなしなバンド)のメンバーの息子もいるし全員がかなりのマニアらしい。
そのへんについてはロックもすっかり世襲制の伝統芸能に成り下がってダセエなぁとか、
結局は音楽もセレブな一族の文化資本なんだろうなあとか、
言いたいことは山ほどあるけども、
ラジオ番組に出演したときメンバーがリクエストした曲がアルティメットスピナッチという激レアな60年代サイケバンドという記述だけ見て全てを許せる気がしてきた。
何年も前だけどこれをmixiミュージックに乗せたら同名のヒップホップ(知らんけど写真の雰囲気からしてそう)系の奴らの画像しか出て来なくて激しく凹んだ。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/15(火) 23:42:57|
  2. ビートルズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レコード・コレクターズ2014年8月号 特集 ザ・ビートルズ〈JAPAN BOX〉

レココレ本体もまたビートルズ特集。
よく飽きねえな。
俺も飽きないからこれは仕方ない。

だが今回もっとも貴重だったのは東京ビートルズとクレイジービートルズの元メンバーの人のインタビューだ。
いまやビートルズ本体よりも東京ビートルズのほうがエラいと言いたくなる時代になってしまいました。
  1. 2014/07/15(火) 23:35:42|
  2. ビートルズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人のロックのジョージハリソン本とレココレ増刊のジョージ&リンゴ本

もちろんどっちも買ったし双方にそれぞれの良さと弱点とがあるのだが
なんつうか情報量ではレココレが勝り読みものとしては大人のロックが勝ってる印象。
てか大人のロックは最初の頃はヌルいと思って正直バカにしてた(スマン)けどどんどん内容が濃くなってく一方でヤバい。
大人のロックは ザ・ビートルズ 人物大事典 というのもあってそれも買った。
スウェーデンツアーの前座に出た地元のバンドとかそういうのまでいちいち詳しく書いてあって素晴らしい。
だが一方でマーク・ボランもマイケル・ジャクソンもスティービー・ワンダーもないのは納得いかないが
たぶんあくまでビートルズ本体の関連人物のみってことで解散後の人脈はまた別だということなんだろうし(そのわりにジェフ・リンはあったがアンソロジーに関与したからかも)
贅沢を言いはじめたらキリがない。
これも読みものとして暇潰しには最適なので大きいサイズじゃなく文庫か新書のサイズにしてほしかった。
  1. 2014/07/15(火) 23:27:35|
  2. ビートルズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新カテゴリー「ビートルズ」

けっきょくはビートルズに始まりビートルズに終わる



以下略
  1. 2014/07/11(金) 23:59:26|
  2. ビートルズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。